お知らせ・ブログ

2022.02.01

壁面収納特集1 いろいろ探すより、オーダー家具でした。

  • AMAT特集

家具に求めることは、たくさんあって当然

「いろいろ一気にスッキリ収納して、お部屋の雰囲気も良くして!」と、家具選びは楽しいですよね。
しかし、「色はいいけど、サイズが違う。」「これを入れるには棚の高さが足りない。」「天井の出っ張りがあるから背が高いとあたる。」と、すべての条件を叶える理想の家具を探すのは、なかなか大変です。

好みの色、収納したいものがきちんと入る棚、お部屋にピッタリのサイズ、すべての条件を満たしたいと思うのは、わがままではありません。そんな、自分の理想とするデザイン、機能、サイズが揃った家具が見つからないときには、オーダー家具という選択肢があります。

今回は、特にサイズの問題、マンションならではの天井の梁や点検口、奥行きの問題を解決した壁面収納の事例を2つご紹介いたします。

マンションの壁面収納 1 家族で使うリビング収納

写真の右上、天井の梁がありますが、オーダー家具なら梁の凹凸に沿って梁の側面も下面も収納スペースとして利用できます。実は写真の左側には隣の部屋へのドアがあり、家具の右側ほどの奥行が取れないので途中で切り替えして左側の奥行幅は浅くなっています。一つの家具の中で奥行きを変えることも可能です。また、奥行きが浅くても小物を収納する引き出しをつけることが可能です。飾り棚は置きたいものの高さに合わせて設計しています。

デザイン面では、面材は色だけでなく、質感も選べます。正面は白い面材を使用していますが、側面は木目調、テレビの背面はインテリア用のタイル、丸い鏡を飾っている背面はレザー調、ガラス扉の飾り棚の背面は鏡など、組み合わせは自由。お好みに合わせて選べます。

お客様からは、「オーダー家具は、結局何でもできる。価格的にも自分たちで既存の家具を買いそろえるのと大差なかったと思う。」とお喜びの声をいただきました。

マンションの壁面収納 2 デスクも一体型のリビング収納

写真の左上、天井に点検口があるので上部の吊棚は幅を短くしていますが、下部のテレビボードはご希望のサイズのモニターが置ける幅で設計しています。お手持ちの収納家具は奥行があって圧迫感があるとのことで、奥行きを浅めにして部屋を広く使えるようにしました。また、リビングでお仕事をされるとのことで、デスクも一体型して、1つの壁面に収まるようにしました。デスク周りの収納扉の中にはお仕事で使用されるものを置いているので、扉を閉じればスッキリ片付けられます。

デザイン面でのご希望は、「黒がいい。」ということだけでしたが、重くなりすぎないように木目を合わせて、お好きな青がかっこよく似合うデザインでご提案しました。お客様も気に入ってくださり一緒につくり上げていきました。

当初はリビングはお手持ちの家具を利用される予定でしたが、寝室の壁面クローゼットではじめてオーダー家具を依頼して仕上がりに感動されて、リビングの壁面収納もご依頼いただくこととなりました。「使い勝手もデザインもオーダー家具の方が良いと思う。年齢的に自分でいろいろ探して回るのは大変なのでオーダー家具と出会って良かった。」とのお声をいただきました。

理想の家具が見つからないときは

サイズ・形は、高さ、幅、奥行きすべて自由に設計が可能です。デザイン面もご希望に合わせて色、質感など組み合わせ自由です。自分の理想とする家具を相談してみたい方は、ご相談は無料ですので、一度お気軽にお問合せください。
具体的なご要望がなくても、その家具で実現したいこと、どんな雰囲気にしたいか、どこに置きたいか、などをお伝えいただきましたら、弊社からご提案いたします。

オンラインでご相談、ショールームでサンプルを見ながらご相談、お電話でご相談、お客様のご都合に合わせてご相談いただけます。

オンライン相談・来店相談お申込みページはこちら

お電話でのご相談は以下へ御連絡ください。

TEL 03-5413-3003

受付時間 10:00~19:00(定休日:水・祝日)

 

 
電話相談 Online相談 来店予約 Mail
PageTop
電話相談 Online相談 来店予約 Mail サンプル・カタログDL